引越し料金最大50%オフ 200社以上の中から厳選10社へ無料見積

2014年05月06日

引越し見積もりその場で。回答

引越し業者に見積もりをお願いしても、自宅に来てもらわないと引越し料金はわかりません。
引越し見積もりをその場で回答してもらいたい!忙しい毎日の中で簡単に引越し料金を調べたいそんな時に便利なのが引越し一括見積もりサービスです。
情報さえ入力すれば、自動的に計算された引越し料金がすぐ回答される業者も多数参加しています。
まずは引越し料金の相場を知るには一括サービスはおすすめです。
契約の義務はないので安心して利用できます。





posted by ken at 23:01| Comment(0) | 引越し見積もり相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

引越しは平日と休日で料金が違うのか?


結果的に言うと平日のほうが安くなる可能性が高いです。
なぜ安くなる可能性が高いか。

実際はトラックの空き状況により決まるからです。
引越し会社としてはできるだけ一日に多くの件数を対応したいと考えています。
したがって引越し需要が高い休日の方がトラックが埋まりやすいため、平日の方が値引き交渉をしやすいと思います。
しかし3月など、引越しの需要期は曜日に関係なくたくさんの問い合わせがあるため値引き交渉は難しくなると思います。

料金交渉にはいくつかの引越し業者から相見積もりをとり、料金を含めた条件を交渉するのが一番の得策ではないでしょうか。

2013年11月03日

見積もりは無料で契約とは異なります。

引越しの見積もりは無料になります。仮に荷物が増えた場合などは必ず再見積もりしてもらいましょう。再見積もりも無料でしてもらえます。
当日のトラブル回避のためにも荷物の増減があった場合はすぐに引越し会社へ連絡しましょう。

見積もりしてもらったら契約しないといけないと勘違いされる方もいらっしゃいますが見積もりと契約は異なりますのでご安心ください。
posted by ken at 00:43| 引越しトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

引越し基本プランとは

引越し業者には引越しプランがいくつかあることが多いと思います。例えばらくらくプラン、おまかせパック、単身パック、基本プランなどでしょうか。

ここでは最低限のサービス、引越し基本プランはどのようなものかご紹介いたします。
引越し業者により若干の違いはあると思いますが、以下の引越しサービスが基本となるのではないでしょうか。

ダンボールへの梱包は自分で行い、家具や電化製品の梱包は引越し業者が行う。
荷物、家財の運搬・配置

荷造りに必要な梱包資材(ダンボールやガムテープなど)は引越し業者が無料で提供してくれます、しかし引越し業者によって無料の数が違うので交渉しましょう。

ひとつだけ注意点を挙げるとダンボールに入れていないものは引越し業者が運んでくれないので、しっかり漏れのないように梱包しましょう。

引越し費用にお金をかけられるのであれば、梱包を任せるらくらくパックもおすすめです。

オススメ 引越し50%オフ
posted by ken at 15:13| 引越しサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

引越し時間(フリー便)の注意点

引越し料金を安くする方法として「時間を引越し会社に任せる」を挙げましたがもう少し詳しい内容と注意点もご紹介したいと思います。

なぜ引越し料金が安くなるか?・・・・引越し業者は午前中で引越し作業が終わってしまい午後にトラックが空いてしまうのであれば稼動させたほうがよいと考えます。当然ですよね、その分売上も立つのですから。安い引越しを引き受ける理由がここにあります。

注意点は?・・・・例えば午後の15:00位と引越し業者から言われていても、その前の引越し作業が遅れることは多々あるため、引越し業者の到着が遅れ引越し作業が夜間になってしまう、最悪のケースは引越し業者からキャンセルされてしまうこともあるかもしれません。引越し業者から事前にしっかりと説明を受けリスクをなくすようにしてください。

引越し、最大10社一括見積り!

posted by ken at 00:57| 安い引越しの注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

引越し見積もり書のポイント

インターネットの引越し見積もりで簡単に比較でき便利になりましたが、最後は必ず引越し見積もり書を確認しましょう。メールだけでのやりとり、訪問見積もりや電話で説明されたことに間違いがないか、特に引越し代金と家財リストに間違いがあると、ごのトラブルの元となるため注意が必要です。

引越し見積もり書のポイントは以下となります。

・引越し業者の住所と連絡先、担当(営業や窓口)となった人の名前が入っているか。
引越しの日にちと時間、荷造りもお願いしている場合はその日時。
・引越し前の住所と引越し先の住所、連絡先電話番号
家財のリスト、漏れているとトラックに積めない等のトラブルに発展も
引越し代金に疑問があれば迷わず担当者に確認しましょう。
付帯サービス、エアコンの取り外し、取り付けやピアノ輸送などもれていませんか。

最後に備考欄で引越し見積もり時に口約束していることがもれていないか確認しましょう。

オススメ 引越し、最大10社一括見積り!
posted by ken at 00:00| 引越しトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

引越し繁忙期2

前回の記事で引越しの繁忙期を3月中旬〜4月上旬がピークで通常引越し料金の数倍になるとご紹介しました。

引越し料金が高くなるだけなら良いと思うお金持ちの方もいらっしゃると思いますが、何よりも引越し業者にお願いできないリスクもあることをご認識下さい。

つまりそのくらい引越し業者の需要があるということです。この時期は引越し先が決まったら何よりも引越し業者の確保を優先しましょう。

2012年02月07日

引越し手続き

引越しには、さまざまな手続きが必要になります。引越し業者から引越し手続きチェック表もらうことも出来ると思うので聞いてみたらいかがでしょうか。

主な引越し手続きを以下に挙げてみました。

住所変更(転出届・転入届)
電気会社,ガス会社,水道局
電話会社
プロバイダー
新聞販売店

この他にもお子さんが学校に通っていれば転校・転入届け、運転免許証の住所変更など細かいものを挙げるとたくさんありますね。電気会社の手続きや新住所での新聞購読については代行してくれる引越し業者もあるようです。
なにかと忙しい引越しですからお願いしてみると便利かもしれません。

オススメ 引越し、最大10社一括見積り!
ラベル:引越し
posted by ken at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 引越し手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

引越し繁忙期前

引越しの繁忙期をご存知でしょうか。
3月中旬〜4月上旬がピークとなり、この期間は異常なほど引越しの需要があります。
引越し業者を見つけるのも大変で直前になれば殆どの引越業者に断られてしまうでしょう
つまり引越し料金が高くても良いという人が出てきて、引越し料金は高騰します、一番安い時期の5倍以上も考えられます。
対策としては早い段階で引越しが決まっているのであれば、引越し見積もりを早く取ることで少しでも引越し業者と交渉できるようにしましょう。

引越し業者を比較している引越し見積もりサイトの比較サイトは中々便利ですよ。

2011年12月09日

大手引越し業者と中小引越し業者の違い

大手引越し業者は引越し料金が高い?と思うのではないでしょうか。

確かに大手引越し業者は均一のサービスを維持するための社員教育にコストをかけており、引越し料金は中小に比べ高いかもしれません。
ただし、時期やトラックの空き状況により大手引越し業者が一概に高いとは言えません。
料金以外の部分で大手引越し業者を選択する理由に違いがあるのではないでしょうか。

まず、引越し業者と言われて、あなたは何社の引越し業者が頭に浮かびますか?

大手の引越し業者と言われるのは引越し専業ではアート引越センターサカイ引越センターアリさんマークの引越社でしょうか。
クロネコヤマト日本通運は引越し専業ではないですが最大手と言えます。
上記の引越し業者は皆さんも一度は名前を聞いたことがあると思います。

ここに一つの答えがあります、皆さんは大事な家財道具を引越し代金が安いからと言って名前も知らない引越し業者へ頼むのは少し不安がありませんか?その不安を取り除くのが大手の安心感でありブランド力なのです。

引越し料金の高い安いはありますがこの心理的な思いが一番の違いだと思います。

オススメ 引越し、最大10社一括見積り!
ラベル:引越し
posted by ken at 20:43| 引越し業者比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。